めまい、フラフラ、頭痛の原因は低血圧?貧血?

めまい、フラフラ、頭痛、低体温の原因は低血圧?貧血?

全身をくまなく流れる血液は、体の重要な臓器や脳へ行きわたり人間が活動するのに重要な酸素と栄養を細胞の1つ1つに配る役目を担っています。その血液にトラブルがあると全身に不調をもたらします。その代表が低血圧と貧血です。
似ている症状が多く、対策を間違えやすいものです。
違いをちゃんと分かって正しい対処ができるようしっかり見て行きましょう

低血圧と貧血の共通した症状

低血圧も貧血もふらふらしたり、めまいや立ちくらみを起こすので症状は似ています。
しかし、貧血と低血圧とは全く関係がないのです。両者の発生するメカニズムは全く別だからです。

貧血は血液の中の赤血球が減ってしまうことが原因です。
そのため血液が全身に流れていても薄いため全身の細胞に十分な酸素や栄養が行きわたりません。

低血圧はなんらかの理由で血液循環が悪くなった状態を言います。
心臓のポンプ機能が低下したとか、全身の静脈に血液が貯留してしまい、血液循環が悪くなり全身の細胞に十分な血液を送れません。

どちらも身体の各細胞にとってはエネルギー不足、酸素不足を引き起こしますので非常によく似た症状がでます。

低血圧と貧血に共通する症状

  • 目まい・立ちくらみ
  • 動悸・息切れ
  • 疲れやすい
  • 寒さを人一倍感じる
  • 食欲がない
  • 顔色が悪い

低血圧と貧血は、原因が違うので対処法、治療法は全く異なります。

思春期は貧血を起こしやすい年齢でもあり、低血圧を起こしやすい年齢でもあります。
低血圧患者さんに貧血が合併することもよくある事です。

自分の症状が低血圧によるものなのか貧血によるものなのかを確認するには、血液中のヘモグロビン濃度を測定するとすぐにわかります。
貧血のほうが明らかに低く、低血圧では正常です。

貧血が起こる仕組み

貧血が起こるしくみをもっとしっかり見て行きましょう。

貧血の場合に問題なのは酸素を運搬する赤血球やヘモグロビンが足りないことです。
ヘモグロビンとは赤血球の中に含まれる赤いタンパク質です。

鉄欠乏性貧血

貧血の中で7割ぐらいを占めるのが鉄欠乏性貧血です。必須ミネラルの1つである鉄が体の中に足りないために起こります。
ヘモグロビンは鉄がなければ酸素を運ぶという重要な働きをすることができないのです。
この貧血は適切な治療を行うことで完治するため、それほど心配はいりません。

鉄欠乏性貧血では、上記の一般症状が徐々に表れてきます。
・あかんべえをしたときの下まぶたが白っぽくなる
・口の中の粘膜が白っぽくなる
・ひどい貧血が続くと爪がスプーン状に反り返ったり、もろくなったり(さじ状爪といいます)

体重50kgの成人は3~4グラムの鉄を体の中に持っています。
赤血球の寿命は約120日ですので、寿命で減っていくヘモグロビンの濃度を一定に保つために毎日少しずつ鉄を補給しなければなりません。

体にとって重要な要素と言われる鉄分…1日にどのくらいの量を摂取すれば良いのでしょうか?
1日に必要な鉄の量は

  • 成人男性10mg
  • 成人女性12mg
  • 妊娠後期・授乳期20mg

と言われています。

1日の摂取量からも分かるように、鉄分は男性より女性の方が多く摂取する必要があります。
それは毎月やってくる月経により女性の方が血液を多く必要とするためです。

再生不良性貧血

血液をつくる骨髄が脂肪に置き換わり、赤血球も白血球も血小板も作らなくなってしまう病気です。一般症状に加えて、皮膚や歯茎から出血しやすくなったり、あざができやすい、注射などの後の出血がなかなか止まらなくなるという症状が見られます。血尿や血便が出ることもあります。

また、悪化すると発熱や喉の痛みなど風邪に似た症状も表れます。発熱した場合、入院しての治療が必要です。骨髄移植や輸血などを行います。

溶血性貧血

何らかの原因で赤血球が壊れやすくなることで起こります。

一般症状のほか、黄疸や脾臓の腫れといった症状が起こります。この黄疸は、破壊された赤血球の色素の沈着によって起こるもので、肝臓とは関係ないものです。その他、尿の色が濃くなることがあります。脾臓を切除したり、ステロイド剤や免疫抑制薬によって治療することができます。

悪性貧血

ビタミンB12の欠乏によって起こります。中高年に多く、一般症状のほか、舌の荒れ、白髪の増加、手足がしびれる、精神症状などの症状が生じます。ビタミン12を服用することで改善します。

二次性貧血(続発性貧血)

感染症、がん、腎臓病、肝臓病など他の病気の二次症状として起こります。一般的な貧血の症状が見られます。

貧血症状が続く場合はこれらの病気が隠れているおそれがあるため、検査を受ける必要があります。

貧血だとなぜこんな症状がでるのか?

よくある貧血の症状は、めまいや頭痛ですが、これは脳の酸素不足によるものです。
ひどい場合は、顔面蒼白になり失神してしまうこともあります。体内に酸素が不足すると、細胞の熱やエネルギーの産生効率が悪くなり、そこで排出された老廃物の運び出しもスムーズにいかないため体がだるく疲れがとれないといった症状も出てきます。

さらに貧血の人は血液の酸素を運ぶ量が少ないため、一生懸命酸素を全身に送ろうとして血液を送る力をアップさせますので、疲れやすく、ちょっと走っただけで息切れがするということになってしまいます。

低血圧の原因

今度は低血圧について詳しく見て行きましょう

本態性低血圧

寝た状態や起きた状態など体位に関係なく低血圧で、低血圧の症状が現れます。

起立性低血圧

寝た状態や座った状態から急に立ち上がると、脳の血流が悪くなるため起こる低血圧で、脳貧血とも呼ばれます。
立ち上がってから10分くらい経過して低血圧になり症状がでる遅延型の場合もあります。
起立性低血圧を貧血と思っている方も多いようですが、症状は似てても全く違うものです。
「貧血と起立性低血圧」間違ってとらえると改善方法も間違ってしまいますので気を付けましょう。

症候性低血圧

低血圧を起こす原因疾患(心臓疾患に伴う心機能の低下と不整脈など)があり、そのため低血圧になってしまうものを言います。

急に立ち上がった時に、気分が悪くなる起立性低血圧に関して詳しく知りたい場合は次のページをご参照ください。

血圧が低い要因は2つあります。

血液を全身に送るポンプである心臓の血液を押し出す力が弱い
静脈に血液が溜まってしまっている
動脈に対し静脈には4倍の血流があります。

静脈に血液が溜まってしまうと、心臓に戻る血液が減るため血圧が低くなります。

静脈にたまった血液は痛みを起こす物質を産出するなどさまざまな悪影響を体に及ぼします。

低血圧は生活習慣病とも言われています。

低血圧は自律神経の調節がうまくいっていないために起こる疾患で、実際のところまだ未解明であることが多いのですが、次のようなことが原因と考えられます。

  • 生まれ持った遺伝的体質
  • さまざまな生活習慣の問題
  • 食べ過ぎ、飲みすぎ
  • ストレス
  • 感染

生活習慣病は生活習慣の影響もあります。

  • 不規則な食事
  • 偏食
  • 小食
  • ミネラル不足
  • タンパク質不足
  • 運動不足
  • 皮膚の鍛錬不足
  • 入浴嫌い
  • 家の中に引きこもりがちな生活
  • 外気にふれず日光にあたらない生活
  • 夜更かししてしまう

低血圧と貧血の改善を!

低血圧の改善は↓ページをご参照ください。

貧血は鉄欠乏の場合は鉄分が多いものを食べることです。
てっとり早いのは鉄のサプリをとる事ですが、サプリは体に悪いものが入っている場合も多く、やはり自然な食べ物から摂取する方が良いように思います。

低血圧も貧血も大元の元である根本的原因を探ればどちらもミネラル不足に行きつきます。
ミネラルは研究があまり進んでおらず、未解明な部分が多いのですが、権威ある研究者はすべての病気の原因はミネラルであると発表しています。

「国民の99%がミネラル欠乏である」・・・アメリカ農務省

「他の栄養素はミネラルなしでは働かない」・・・アール・ミンデル栄養学博士

「すべての病気、病態、病弊の根本原因はミネラル欠乏である」・・・ライナス・ポーリング(ノーベル化学賞、平和賞受賞)

低血圧や貧血を改善するのに必要なミネラルの多い食事

  • 海藻(わかめ、こんぶ、ひじき、もずく、海苔など)
  • ナッツ類(アーモンド、カシューナッツ、マカダミアナッツ)
  • 肉類
  • 玄米(無農薬、ミネラル農法のもの)
  • 野菜(無農薬、ミネラル農法のもの)

コンビニやスーパーで売られている食べ物のほとんどに入っている添加物は体内のミネラルを排出してしまう作用がありますので、できれば食べないようにした方が良いです。

自然な物がやはり人間には合っていますから、海水や海藻を肥料として育てた穀物や野菜を食べるのがベストです。海には人間に必要な全てのミネラルが入っており、日本人は昔から穀物、野菜から多くのミネラルをとってきたからです。現代の農薬と化学肥料を使った農法では野菜と穀物にミネラルがあまり入っていません。

今はまだこういったミネラル農法の作物は少ないのですが、これから徐々に増えて行くと思います。
海水や海藻を肥料としたミネラル農法が早く世の中に広まってほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です