低血糖症でもチョコレートが食べたい方必見

低血糖症でもチョコレートが食べたい方必見

低血糖症(反応性低血糖症、機能性低血糖症、無反応性低血糖症など)患者の方は甘いものが好きな方が多いことと思います。

甘い物の中でもチョコレートはおいしいですよね。

私もチョコレートは大好きです。

だけど、何の対策もうたずにチョコレートを食べていては低血糖症の症状を悪化させてしまいます。

この記事ではチョコレートを食べても大丈夫な方法をご紹介します。

チョコレートは砂糖がたくさん

チョコレートにもいろんなメーカーのいろんな種類がありますが、低血糖症の方には良くない砂糖をたくさん含んでいるのがほとんどです。

だけど、このたくさん砂糖が入ったチョコレートがまたおいしいのですよね。

食べたら体には良くない。

でも食べたい。

1つだけならと思って1袋、1箱を食べてしまうこともあるかもしれません。

さすがにそれだけ食べると良くないので、いくらかの我慢も必要です。

チョコレートを食べる前準備

お腹が減っている時に、チョコレートを食べるとついついたくさん食べてしまいがちです。

砂糖の吸収力も空腹時であるほど急激なので、ご飯をお腹いっぱい食べて、食後すぐにチョコレートを食べるのが良いと思います。

そしてご飯を食べる前にもう1つ習慣づけしておくと良いのが、ご飯をたべる前に食前茶として粉末茶を飲むのが良いのです。

順序としては
1.食前茶として粉末茶を飲む。(食前に食物繊維をたくさん摂ることができるため)

2.ご飯を食べる

3.食後すぐに、少しだけチョコレートを食べる。

このやり方だったら無理して食べたいものを我慢せず、食べながら低血糖症対策ができるので長く続けることができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です