機能性低血糖症 検査

機能性低血糖症 検査

機能性低血糖症の検査とはどのような検査をしなければならないのでしょうか。

簡単に済むのか、大変なのか事前に知っておきたいという人もいると思います。

機能性低血糖症を治していくために、検査を受けて自分の体の状況をしっかり把握すれば治療に望む心構えも違ってきます。

それでは検査方法の話を見て行きましょう。

機能性低血糖症の検査方法

機能性低血糖症の検査(確定診断)は、5時間のブドウ糖負荷試験(Oral Glucose Tolerance Test : OGTT)をおこないます。

OGTTは、空腹時に75gのブドウ糖(グルコース)が入った飲料を飲んで、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)の変化を採血して検査します。

5時間かけて9回の採血で調べます。

同時に、すい臓から分泌されるインスリン値(IRI)や体温も調べます。

OGTTは、前日の晩から12時間以上の絶食が必要となります。朝は空腹の状態で病院へ行き、ブドウ糖の飲料を飲む以外は検査中の5時間は飲まず食わずで9回の採血をおこなうため、決して楽な検査ではありません。

5時間の糖負荷検査を行わず、「おそらく機能性低血糖症でしょう」と憶測診断するお医者さまもいられるようです。

なぜ症状を確実とするための検査を行わないのかと言えば、機能性低血糖症の検査はつらいものですし、機能性低血糖症の薬というものが存在しないからです。

わかったところで現代医学に治療法はなく、食事療法で治療していくしか方法がありません。

機能性低血糖症は食事療法で治る病気ですので、これ以上悪化させないよう自己治癒をしていきましょう。

誤った診断をされないために、機能性低血糖症の専門医にかかりましょう

病院にかかる場合は必ず機能性低血糖症の専門医にかかりましょう。

誤った診断をされ、的外れな薬を飲んで、原因がわからず苦しみ続けている患者さんも少なくないようです。

機能性低血糖症はすい臓が弱っている病気です。

すい臓を回復させるための食事、薬草療法を行い、程よい運動を実践していれば治る病気です。

糖尿病もすい臓が弱っている病気ですが、肝臓も働きが悪くなっているのが原因といわれているように、機能性低血糖症もすい臓だけの回復を試みるのではなく、肝臓や腎臓なども含めカラダ全体を見て回復に望む姿勢が大事なのだと思います。

機能性低血糖症の根本的な原因はミネラル不足と砂糖のとりすぎです。

現代医学に機能性低血糖症の薬は存在しません。

機能性低血糖症は根本的原因を知った上で食事療法を用いれば自分で治せます。

機能性低血糖症 食事でバッチリ治す治療法、対策・対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です