アルコール低血糖症~アルコールを飲むと低血糖になる~

アルコール低血糖症~アルコールを飲むと低血糖になる~

※アルコール低血糖症・・・病名ではありません。このページのタイトルです。

「血糖値が高いからアルコールは控えるように」というフレーズはたまに耳にする言葉だと思います。

お酒好きな人にとってつらいものです。
糖尿病の人同様に低血糖症の人も、お酒を飲んではいけないのでしょうか。
アルコールと血糖値の上昇について解説します。

アルコールは体内でブドウ糖に変化しない

アルコールはアルコールそのもの作用やアルコールの代謝に伴って血糖値に影響を与えます。

アルコールのカロリーは1gあたり7kcalとかなり高めです。
アルコールは体内でブドウ糖に変化することはありません。
ですのでアルコールのエネルギー自体に血糖値を上げる力はありません。

しかし、アルコールをとると胃の動きが活発になり通常とは食事の量が変わってきます。
逆に、人によってはアルコールを飲むと食事量が減る人もいます。

これらは少なからず血糖値に影響を与えます。

アルコール・お酒が血糖値を上昇させるしくみ

アルコールを飲むと次の作用により血糖値が上昇します。

  • アルコールには肝臓内のグリコーゲンをブドウ糖へと分解する作用を促進する働きがあるため
  • 日本酒などアルコール飲料に含まれる糖質が関係している

上記の理由から一時的に血糖値が上昇します。

アルコールは結果として血糖値に影響を与えます

血糖値が上昇するということは、血糖コントロール、つまりはインスリンの分泌が正常に働いていない低血糖症の人にとってアルコールは良くないのです。

低血糖症の症状と3つの原因、低血糖を治す方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です