糖尿病の症状、糖尿病を食事で治す方法

糖尿病の症状、糖尿病を食事で治す方法

糖尿病に対してどんなイメージをお持ちでしょうか。
一生治らない
太っていると糖尿病の危険性
満足に食事ができない

確かに現代医学「西洋医学」では治す薬はなく、一生治らないものと思われています。

でもどうやら糖尿病は治る病気のようです。

スーパー虚弱体質な私がどれだけ病院に通っても治せなかった病気が、1つまた1つと治っていく事実からもそう思うのです。

まずは糖尿病がどんな症状が出てくるのかを知り、どのようなものを食べて治せるのかお伝えしたいと思います。

糖尿病の症状

2型糖尿病の人は、数年間(5~10年もの間)、症状が現れないか、あってもごく軽い症状です。

初期症状としては自覚症状があまり感じられないことが多く、気付いたときには症状がかなり進行してしまっていたというケースもあるのです。

「糖尿病の症状」
・尿の量が多くなる
 血糖値が上昇していくにしたがって腎臓が大量の糖を薄めるために余分な水分を排出して、尿を過剰に作るようになります。
 大量の尿が頻繁に出るようになります。

・のどが渇いて、水分をたくさん飲む
 尿が大量に出ますので、とてものどが渇くようになります。

・体重が減る
カロリーの多くが尿で失われるので、体重が落ち、強い空腹感を感じます。

・疲れやすくなる
エネルギー不足と、体重減少により疲れを感じやすくなります。

糖尿病の代表的な症状としてあげられるのが、「体のだるさ」と「食べても痩せていく」というものです。

急激に体重が落ちた方や慢性的に体のだるさが続くという方は糖尿病の疑いがあるかもしれません。

2型糖尿病では気づかないうちに発症し、ゆっくりと進行します。
つまり、症状が無い状態のまま、糖尿病が進行していることがあるのです。

また、症状が無いからといって血糖コントロールを行わずにいると、合併症を引き起こします。

糖尿病の合併症とは次のようなものがあります。
・網膜症
血糖値が高い状態が続くと網膜の血管が損傷して視力が弱まります。悪化すると、白内障になる危険性や失明の可能性も出てきてしまうのです。

・神経障害
最も早い段階で発症するとされているのが神経障害です。症状の表れ方は個々によりますが、手足などの末梢神経の障害が主です。自律神経の障害も現れるようになり、手足の感覚がだんだんと鈍くなってしまいます。

・糖尿病腎症(腎臓機能の低下)
血糖値の高い状態が長期間続くことで、全身の動脈硬化が進行し始め、毛細血管の塊である腎臓の細かな血管が壊れ、網の目が破れたり詰まったりして老廃物をろ過することができなくなってしまいます。
「糖尿病性腎症」が悪化すると、人口透析を受けなければなりません。

糖尿病が進行するほど症状は重くなり、場合によっては命に関わるほどの次のような重大な症状を引き起こします
・心筋梗塞
心筋梗塞とは動脈硬化のために血液が流れにくくなって起こる病気です。
動脈硬化とは、血管にコレステロールや中性脂肪などの老廃物がたまることで血管が弾力性や柔軟性を失い、硬くなってしまった状態を指します。
血糖値が高いと蛋白質、コレステロール、ブドウ糖が結合したりして、心臓の周りの血管(冠動脈)内を塞ぎます。
そうなると心筋が壊死して激しい痛みを引き起こしてしまいます。

・脳梗塞
脳梗塞は、動脈硬化により脳の血管の一部が狭くなったり、血栓が詰まったりして、血液が流れなくなり、その部分の脳機能がダメージを受ける病気です。
死亡者数は年間7万人にのぼり、命が助かったとしても運動機能や言語機能などに障害が残りやすく、日常生活に支障をきたすことも多いのです。

糖尿病を食事で治す

糖尿病の治療の基本は病院のお医者さまの指示に従い治療を続けることです。

そしてプラスアルファで糖尿病を治すための食事を取り入れていくことで糖尿病を治すことができます。

糖尿病は体の中に処理しきれないほど糖分を取込みすぎているため、糖分の摂取を減らすことと摂りすぎた糖分を運動により消費させることが大事です。

最近の研究では腸内細菌の中に、糖尿病を改善させるすごいパワーを持ったものがいることがわかってきたとのことです。

「糖尿病をブロックする腸内細菌」を活性化させることも糖尿病を治すキーポイントとなります。

腸内細菌は「水溶性食物繊維」を食べて増えていきます。
「血糖値を下げる腸内細菌」を増やす「水溶性食物繊維」を多く含む食品は次のものがあります。

・ゴボウやたまねぎなどの根菜類・・※ジャガイモなどのイモ類には糖質が多く含まれるため、注意が必要です
・キノコ類、ひじきやわかめなどの海藻類
・納豆やオクラなどねばねばする食品
・玄米

食事を食べる順番
食べる順番は、糖分の吸収を緩やかにするため野菜を先に食べるのが良いとされています。

その後魚などのたんぱく質を食べ、最後に炭水化物という順番が推奨されています。

食事の最初に野菜を食べるのが良いのですが、調理した野菜ではあまり意味がありません。

調理済みの野菜炒め、煮野菜、野菜サラダは少なからず調味料で味付けをしているでしょうから、それらの糖分を急激に吸収してしまいます。

おすすめなのが無農薬栽培で無添加の粉末茶を食前に飲むことです。

こうすることで、まずはじめに野菜・つまりは食物繊維を摂取することができます。

近年の野菜類は栽培する土のミネラル不足により、野菜自体もミネラル不足に陥っています。

それらを食する人間もまたミネラル不足になっています。

ミネラルが体内から不足すると免疫力が弱まり、内臓の動きも衰退してしまいます。

ミネラル豊富な土で野菜を育てると、ミネラルを取り込んだ野菜の細胞が活性化し、ぐんと栄養価や食味が向上します。

これは食べて美味しいと感じるのはもちろん、成分分析の結果も栄養価がアップしているのです。

ミネラル豊富な土で育った野菜を食べると、人間の体や腸内細菌も活性化します。

つまりは、ミネラル豊富な土で育てた野菜の粉末茶を飲むのが良いのです。

ただの野菜より、糖尿病を治す薬効のある薬草を粉末化したものを食前茶とするのがさらに良い方法です。

糖尿病を治す薬効のある薬草には次のようなものがあります。

・どくだみ
・クマザサ
・タラノキ
・サルトリイバラ
・あずき

薬草は単体で取りつづけると薬草慣れと言って、体が薬草に慣れてしまい、効いているのかどうかわからなくなってしまいます。

いくつかの薬草をブレンドして取り込むことが良い糖尿病改善策となります。

おすすめは非常に広範囲な薬効のある「どくだみ」とすい臓を回復させる薬効の高い「クマザサ」のブレンドです。

これを粉末茶として毎食前に飲んで、一般的な糖尿病治療法と合わせることで糖尿病を治すまでの時間は短縮することと思います。

ミネラル不足の現代ではなかなか本来の薬効のある薬草は手に入らないとは思います。

できるだけ天然物の薬草を購入するなどして試してみるのが良いと思います。