若年性脳梗塞の予防と対策・治療

若年性脳梗塞の予防と対策・治療

若年性脳梗塞の原因

最も大きな原因は「食」にあると言えます。
生活習慣病です。

若年性脳梗塞が増えているもっとも大きな原因は、生活習慣病の低年齢化にあります。いまの世の中は昔にくらべ食べ物がふんだんにあります。コンビニやスーパーファストフード店などは24時間営業となり食べたいものを食べたいときに好きなだけ食べることができます。

ファストフードやコンビニ食を利用するのは便利ですが、高カロリーで栄養のバランスを欠いた食事になりやすいといえます。

規則正しい食事の習慣や栄養のバランスが乱れた食生活が若いうちから習慣になってしまうと、歳をとってからその食習慣を変えることはなかなか難しくなります。

そのため、肥満や高血圧、脂質異常症(高脂血症)など脳梗塞を起こす要因が若いうちから増えることになり、若年性脳梗塞が起こる根本的な原因となるのです。

さらに、慢性的なミネラル不足が身体の代謝の低下を招き、血液を汚し、どろどろした血液となり、脳血栓を作ります

動脈硬化が進み、血管を弱らせます。

血圧が高いと脳出血の危険性も出てきます

また、「食」の中でも特に気をつけるべきなのは「トランス脂肪酸」ではないかと思います。

マーガリン、ファットスプレッド、ショートニングは「トランス脂肪酸」です。

これらは、ほとんどのパンやお菓子にたくさん含まれています。

バターよりマーガリンが健康に良いと思ってませんか。

マーガリンは食べるプラスチックとも揶揄され、実験の結果アリも食べないのだそうです。

これらトランス脂肪酸の摂取は動脈硬化を呼び込みます。

動脈硬化は万病の元です。命にかかわります。

しかし、トランス脂肪酸はあまりにもいろんな食品に入っていますから食べないわけにはいきません。

でもそれを理解し、極力食べないようにするなど意識しておくだけでも結果は違ってくるはずです。

若年性脳梗塞の予防と対策・治療

若年性脳梗塞の対策・治療としておすすめなのがこのサイトでたびたび紹介しているどくだみ茶です。

今思うに管理人は若年性脳梗塞になりかけていたようなのですが、今は改善しました。

私にどのような症状が起こっていたかと言いますと、仕事をしている時、人と話をしている時など場面や態勢は関係なく、意識が飛ぶような感覚がありました。

実際に意識はあるのですが、
「エレベーターに乗っていて1階分落ちるような感覚が約0.3秒の間で起こる」と表現したら伝わりますでしょうか。

頻度は月に数回くらいです。

30代前半から徐々に回数が多くなり、このような症状が出始めた時はもう年かななどと安易に考えていたのですが、もともと丈夫ではない体ですので、心配でした。

体質改善をしたいと思い粉末タイプのどくだみ茶を飲んでいたらいつのまにかこのような症状が出なくなっていたことに気付いたのです。

どくだみの薬草の専門書にも脳卒中に良いと書かれていたので、どくだみ茶を飲んでいたことが良かったのだと後になって気づきました。

脳卒中とは脳梗塞(脳の血管が詰まる病気)、脳出血(脳の血管から出血する病気)などの総称です。

つまり脳全般の病に効くということになります。若年性脳梗塞にも良いと言えます。

どくだみ茶は体内の毒素を排出し、動脈硬化も改善出来、血液がきれいになることで高血圧対策にもなります。

血液がきれいに!どくだみ茶の効能と成分

降圧剤など飲まなくても高血圧を治せるのです。

私は大分体に毒素が溜まっていたせいか、どくだみ茶を飲み始めて1~2週間くらいの時は大変つらい思いをしました。

毒素が排出されるときには、体内の毒素がいったん血液中に流れ出る為、カラダの各種症状が(体の悪い部分がさらに)悪化するのです。※この症状が出るとまもなく快方に向かいます。

だからこそ、若い時から飲んでおくべきなのではないかと思います。

欧米化している食事で若い人は余計に血液が汚れ、毒素がたまっているはずですから、若い時から対策しておくのが良いのではないかと思います。

もし、若年性脳梗塞の前兆を感じ、不安に思っている方がいたら試してみる価値があるのではないかと思います。

カテゴリー:

一瞬、意識が飛ぶ・・その原因と対策、改善方法

一瞬、意識が飛ぶ・・その原因と対策、改善方法

突然、めまいのような、一瞬、意識が飛ぶような感覚に陥ることはありませんか?

それはもしかすると脳血栓症の前触れである「瞬発性脳血栓症」かもしれません。

このページでは「瞬発性脳血栓症」の原因と対策、対処、改善方法を記載しています。
実際にこの症状が出ていた管理人がどうやってこの症状を改善させることができたかを記載しています。

それでは詳しく見てきましょう。

一瞬、意識が飛ぶ時の状況や感覚

あなたが感じた一瞬意識が飛ぶ感覚や状況は次のようなものでしょうか

グラッときた瞬間も周りの音が聞こえており、意識があることは分かる

一瞬体が落ちるような感覚で時間にして約0.3秒前後

人と話している時、机に向かって仕事している時など体制、行動を問わず、頭がぐらっと来る

実際に意識が飛ぶわけではないけれど、グッと落ちるような感覚・・・

これらに近い症状があるという方は脳血栓症(脳卒中の一症状)の前兆である「瞬発性脳血栓症」の可能性があります。

自分はまだ若いからそんなはずは無いと思う人もいるかもしれませんが、脳卒中など脳の血管障害は若年化しております。

欧米化した食事に加え、食品添加物、保存料、農薬、トランス脂肪酸(マーガリン、ファットスプレッド、ショートニング)などが影響し血液を汚しているのが大きな原因のようです。

ちなみに管理人は30代半ば頃からちょくちょくこの症状が出ておりました。

脳血栓症とは?

そもそも普通の脳血栓症とはどのようなものかを知っておく必要があります。

脳の血管障害には、
◇血管が破れて出血するタイプ(脳出血) 
◇血管が詰まって血液の流れが悪くなるタイプ(脳梗塞、脳血栓症)
があります。

脳血栓症とは脳の動脈の中に血栓が出来てしまうことで血管が閉塞する症状のことです。悪化と小康状態を繰り返し脳梗塞へと進行してしまうのです。

脳血栓症の主な原因は、動脈硬化によるものです。

動脈は体のすみずみに栄養や酸素を運ぶ重要な役割をしているものですが、加齢とともに衰え弾力を失います。

そして、高脂血症や高血圧、糖尿病、喫煙などの危険因子によって動脈に脂肪やコレステロールなどが沈着し、アテロームと呼ばれるものが内壁に出来るのです。

次第にアテロームが肥大し、動脈を硬く狭くしていき、そのアテロームが破れると血栓となるのが脳血栓症であり、血栓が動脈を塞いでしまうと脳梗塞になります。

徐々に段階的に進行し症状としては感覚障害、言語障害、運動障害などを引き起こします。

瞬発性脳血栓症のメカニズム

人の心臓は、一日24時間でほぼ10万回、或いはそれ以上の回数鼓動します。

健康者でもその内の数回~数十回程度の不正常は、ごく普通に見られると言われています。

心臓の構造は左右の心室と心房から成り、心室の拍動信号が弱まるといわゆる心室細動となり、極めて危険です。

心房の場合は心房細動となり、数分程度なら気分が悪い程度の感じで治まります。

心房細動も短時間で且つ頻度が低ければ、直接命の危険はありませんが、細動に伴って微細な血栓(血液凝固)を生じます。

血栓が脳の微細血管内で詰まると、脳血栓症(脳卒中の一症状)を起こします。

極めて微細な血栓が脳内で一瞬詰まって、ごく短時間に外れて回復するという事例は、四十代前後の成人でも時折見掛けられるようです。

加齢と共に血管老化により危険度は増します。
血栓が大きくなると、極めて危険です。

血栓の大きさと詰まった場所や経過時間によっては、命取りになる事も後遺症を残すこともありますが、ほんの一瞬で血管が開通すれば、一瞬グラッときて意識が飛ぶような、エレベーターで1階分落ちるような感覚を覚えます。

瞬発性脳血栓症の症状は?

◇一瞬グラッときて、意識が飛ぶような感覚を覚える
◇片側の手足がしびれる
◇ろれつが回らなくなる
◇文字が思うように書けない
◇物が二重に見える
◇急に手の力が抜けて持っているものを落とした
◇めまいで真っ直ぐに歩くことができない
◇人の話しをよく理解することができない
◇力はあるが歩くことができない、立っていることができない
◇片側の目に幕がかかったように一時的に物が見えにくくなる

こうした前兆を実感しても20分前後で症状が治まってしまうことがよくあります。変だと思っても、症状がなくなれば忘れてしまって、気に留める人が少ない現状があります。

脳梗塞患者の70%以上は前兆なしで突然起こると言われます。

脳血栓症や脳梗塞の前兆の可能性を感じたら早めの対策が打てるので良かったと考えるのが良いと思います。

瞬発性脳血栓症の対策、対処、改善方法

脳血栓の主な原因は、動脈硬化であると言われています。
であるならば、動脈硬化を治してくれる食べ物や飲み物、薬を用いればよいのです。

まずは病院に行くのが得策であると言えます。

管理人も一瞬グラッときて、意識が飛ぶという症状はぼちぼち起こっていましたが、脳の専門医にはかかることがなかったので今でも病院に行ってはいないのですが、どくだみの粉末茶をしばらく飲んでいたらほとんど症状がでなくなりました。

どくだみ茶は脳卒中の予防にもよいとどくだみの専門書にも記載されております。
さらに動脈硬化の予防、改善が出来、毛細血管の弾力性までアップしますので、脳血栓のみならず脳出血対策にも良いようです。

ただし、どくだみ茶であるならどんな物でもよいかというとそうではないようです。

専門家を尋ねて教えてもらい、調べて、自分で試した結果、ミネラル栽培したどくだみ茶が非常に重要だということがわかりました。

詳しくは下記ページをご参照ください。

血液がきれいに!どくだみ茶の効能と成分

管理人はもともと魚食、野菜食を摂ることが多く、肉食をすることは少なかったのです。

元々、体が弱かったためか、欧米化していない食事(肉食が少ない食事)を続けていても瞬発性脳血栓症の症状が出ていたことから、現代のスーパーで売らている食材を用いた魚食、野菜食を続けているだけでは改善しないのだと思います。

納豆なども良く食べていたのですが、これでは改善できませんでした。

しかし、どくだみ茶の効果は目を見張るほど大きく動脈硬化、脳血栓の対策として定期的に飲み続けているのです。

食べ物は極力、添加物が入っている食べ物は食べない、保存料、着色料、合成界面活性剤を体内にとりこまないようにすべきではないかと思います。

特にトランス脂肪酸をたくさん食べていると動脈硬化や心筋梗塞につながっていくようなので、出来るだけ食べないようにしましょう。

トランス脂肪酸は食べるプラスチックと言われ、いろんな食べ物にたくさん含まれています。

コンビニやスーパーでパンを買って裏を見てください。ファットスプレッド、ショートニング、マーガリンが2~3番目に表記されている物が少なくないと思います。これらは全てトランス脂肪酸です。

今の世の中、あまりにもたくさんの物に含まれていますから、多少は食べないわけにはいきません。

しかしできるだけ食べないように心がけることは大事な事だと思います。

カテゴリー: